ソフトバンク、自動運転デリバリーのNuroに1,040億円出資

国内通信大手のソフトバンクが、アメリカのNuro(ニューロ)に9億4,000万ドル(約1,040億円)を出資していたことが明らかになりました。

自動運転配達サービスの事業拡大へ

ソフトバンクは投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を通じ、Nuroに9億4,000万ドルの出資を行いました。
Nuroは自動運転技術の開発を行う企業であり、アメリカの大手スーパーマーケット「Kroger(クローガー)」と提携し自動運転車を利用した食品の配達サービスを展開しています。
調達した資金を活用し、Nuroは配達サービスのエリア拡大や提携先の増加につなげていくとしています。

おすすめ記事

LINEの友だち登録でお得なクーポン・キャンペーン情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。