XRP活用の送金企業SendFriend、マスターカードやリップル社などから約1億8700万円を資金調達

送金事業を展開するSendFriend(センドフレンド)が、170万ドル(約1億8700万円)の資金調達を行なったことが発表されました。

海外からフィリピンへの送金をより最適に


SendFriendはRipple(リップル)社の国際送金ネットワークであるRippleNet(リップルネット)に加盟する企業であり、送金においてXRPを活用する送金システム「xRapid」を採用しています。

SendFriendは今回Mastercard Foundation(マスターカード財団)、リップル社、MIT Media Lab(MITメディアラボ)、Barclays(バークレイズ)、Techstars(テックスターズ)、Mahindra Finance(マヒンドラファイナンス)などから資金調達を実施し、170万ドル(約1億8700万円)を集めました。

調達した資金は海外からフィリピンへの送金サービス強化に活用されるとしています。またSendFriendのCEOであるDavid Lighton氏は今回の資金に関して「我々のチームやマーケティングに注力することを可能にする」と述べています。

おすすめ記事

LINEの友だち登録でお得なクーポン・キャンペーン情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。