楽天、売上が初の1兆円越えに 

楽天の連結売上高が、1997年の創業以来初めて1兆円を超えたことが明らかになりました。

前年同期から16.6%増


楽天が2月12日(火)に発表した2018年12月期連結決算によると、売上収益は前年同期から16.6%増の1兆1,014億円を記録。1997年の創業以来初となる、1兆円超えとなったことが明らかになりました。
また最終利益は28.7%増の1,422億円であり、2期連続で過去最高となりました。

同日に開かれた決算説明会では、スマホ決済サービス「楽天ペイ」アプリに楽天Edyや楽天スーパーポイントの統合することが発表されました。
さらにアメリカのAltiostar(アルティオスター社)と戦略的資本業務提携を結び、世界初となる完全に仮想化したクラウドネイティブの通信ネットワークを構築していくことを明らかにしています。
楽天のサービス展開に今後も要注目です。

関連記事

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。好きな食べ物は発酵食品。ハムカツなのに。