モスバーガー、関内店でAIセルフレジの実証実験開始へ

飲食店や小売店向けの業務システム開発を行うリノシスが、モスフードサービスと共同でAI(人工知能)セルフレジ導入の実証実験の実施を発表しました。

2月15日(金)から実証実験スタート

実証実験はモスフードサービスが展開する大手ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の関内店(神奈川県)にて、2月15日(金)から2月27日(水)まで実施されます。

AIセルフレジは画面タッチや音声認識で注文可能なシステムを実装。さらにモスバーガーで働く店員の接客を分析しモデル化したことで、店員と対話するように自然な流れで注文を伺う、音声注文が曖昧な場合近しい商品を提示するなど、習熟度の高いベテラン店員のような接客ができるようになっています。

また実証実験は「国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」が公募した平成29年度「AIシステム共同開発支援事業」に採択された「飲食店におけるおもてなしのシステム化」の取り組みの一環とのこと。
リノシスは実証実験を足がかりに飲食店や小売店で行われているさまざまな「おもてなし」を科学し、より良い外食・小売の姿を創り出すことを目指すとしています。

おすすめ記事

LINEの友だち登録でお得なクーポン・キャンペーン情報をGET♫

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!