離島でドライブシェア、長崎県久賀島にて4月より実証実験を開始

長崎県五島市の久賀島は、CREWからの提供を受け、観光客の増加によるタクシー不足を解消するため、一般のドライバーが観光客を乗せる「ドライブシェア」の実証実験を、今年4月から開始する予定です。

観光客の増加によるタクシー不足の解消に向けた取り組み

久賀島では、去年7月「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の1つとして「久賀島の集落」が世界文化遺産に登録されたことを受け、観光客が急増したものの、島にはタクシー会社が1社しかなく対応できないケースが相次いでいるということです。

これをうけて、五島市や東京のベンチャー企業などは、一般のドライバーが観光客を乗せる「ドライブシェア」の実証実験を今年4月から始めると発表しています。

13日に開かれた説明会には、ドライバーを希望する地元住民5人が参加しました。

実証実験では、タクシーが不足した場合に、久賀島の住民の方がCREWパートナー(ドライバー)として観光客の移動の手助けを行います。

実証実験後は、CREWパートナーや実際に乗車された方々の声やご意見を参考にし、本格稼働への切り替えの可否を検討するとのことです。

詳細内容はこちら

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。