JPモルガン、独自の仮想通貨「JPMコイン」発行へ

アメリカの大手銀行JPMorgan Chase(JPモルガン・チェース)が独自通貨「JPMコイン」を開発したことが明らかになりました。

アメリカ大手銀行初となる独自通貨の発行


「JPMコイン」の利用者は企業や銀行、ブローカーなど大手顧客で限定されており、数ヶ月以内に試行が予定されています。
仕組みはステーブルコインと似た形になっているとのこと。顧客が銀行に米ドルを預けた後に「JPMコイン」を発行してもらい、顧客が支払いなどで「JPMコイン」を使った後に銀行がコインを破壊。その後同等の金額の米ドルを顧客に返却するとしています。

アメリカの大手銀行が独自通貨を発行するのは初と言われています。
JPモルガンのブロックチェーンプロジェクトの代表であるUmar Farooq(ウマル・ファルーク)氏は「このアプリケーションの応用範囲は率直に言うと無限であり、分散台帳を持つ企業や機関ならどこでも利用できる」と述べています。

関連記事


ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。ポイ活もちまちま始めてみました。