第一交通産業タクシー、3月頃より大阪、愛知、北海道エリアに「PayPay」「ALIPAY」「WeChat Pay」を導入

第一交通産業株式会社では、QRコード決済「PayPay」、「ALIPAY」、「WeChat Pay」を第一交通産業グループのタクシー約8,200台に導入開始しており、本日(2月18日)北九州地区で「ALIPAY」、「WeChat Pay」を導入しました。

また、大阪、愛知、北海道エリアなどでも平成31年3月頃より順次導入予定です。

タクシー業界に広がるキャッシュレス化

第一交通産業グループのタクシーをご利用のお客さまは、車内に掲示されたQRコードを「PayPay」「ALIPAY」、「WeChat Pay」アプリで読み取ることで、乗車運賃をお支払いいただけます。

詳細内容はこちら

PayPayの店舗導入はこちら
 

店舗負担0円から始められるPayPay
最短1週間でご利用開始

おすすめ記事

LINEの友だち登録でお得なクーポン・キャンペーン情報をGET♫

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!