ゴールデンウィーク、ATMで現金切れの可能性 全国銀行協会が注意喚起

一般社団法人全国銀行協会が2月14日(木)に「2019年5月1日の改元および10連休に関する銀行取引の留意点について」と題した、10連休中の銀行取引に関する発表をしました。

10連休中にATMから現金がなくなる?


全国銀行協会の発表によると、ゴールデンウィークにあたる4月27日(土)から5月6日(月)の間にATMの現金が足りなくなり稼動を停止する可能性があるとのこと。連休に入る前に、連休中に必要な現金を準備するよう呼びかけています。

また10連休中は銀行法の定めで休業日とする銀行が多いため、連休前後の窓口の混雑が想定されています。振込は「モアタイムシステム」に接続する金融機関同士であれば、連休中も24時間365日即時入金が行えるようになっているとのことです。

最近ではスマートフォンで決済ができるアプリや電子マネーが多くの店舗やサービスで普及してきています。現金不足が予想される連休中は、キャッシュレス決済にシフトしてみる良い機会かもしれません。

関連記事

おすすめ記事

LINEの友だち登録でお得なクーポン・キャンペーン情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。