ニュースまとめ

パイオニア、運転時の事故予測システム「Intelligent Pilot」にAIスコアリング機能搭載

国内の大手電機メーカーPioneer(パイオニア)が、デジタル地図を活用した先進運転支援システム「Intelligent Pilot」にAIスコアリング機能を搭載することを発表しました。

AIスコアリングで交通事故削減へ


以下、プレスリリースより引用。

パイオニアが提供する「Intelligent Pilot」は、デジタル地図データやプローブデータ、事故発生地点、天気などの各種データと、ドライバーの運転傾向などから事故のリスクをリアルタイムに予測し、事故リスクが高い場合のみ注意喚起・警告を行う先進的な運転支援システムです。

このたび、「Intelligent Pilot」に、デジタル地図データとGPSの位置情報を用いて、ドライバーごとの潜在的なリスクまで診断するAIスコアリング機能「YOUR SCORING(ユアスコアリング)」を搭載しました。本機能は、加速度から検知した危険挙動※1のみで診断するこれまでの手法と異なり、「運転行動」における交通ルールの順守傾向、交通違反行動※2や、事故が発生しやすい場所、地形といった「走行道路」まで考慮するため、事故に遭遇する可能性まで含めたドライバー個々の潜在的なリスクを診断できます※3。

また、「Intelligent Pilot」の機能をお客様のサービスに加えられるソフトウェア開発キット「Intelligent Pilot SDK」を使えば、多くの方がお使いのスマートフォンでもAIスコアリング機能などを使用することができます。さらに、専用対応端末(通信型ドライブレコーダー等)と組み合わせれば、より高度な運転支援が可能になります。

「Intelligent Pilot」の詳細について:https://intelligent-pilot.jpn.pioneer

AIスコアリング機能「YOUR SCORING」の概要

1)デジタル地図データとGPSで測位した位置情報を用いて、過去の「運転行動」から交通ルールの順守傾向や交通違反行動※1を抽出
2)それらの情報と、「走行道路」情報から独自の技術※4で抽出した“事故が発生しやすい場所や地形”の情報を紐づけ
3)紐づけた情報をAIで学習し、作成したアルゴリズムを用いて、事故に遭遇する可能性まで含めたドライバーごとの潜在的なリスクを診断

当社は今後、本AIスコアリング機能を活用し、個々のドライバーにより最適化した注意喚起・警告を行う機能を追加するなど、「Intelligent Pilot」の機能をさらに拡充させるとともに、さまざまな自動車関連事業者との連携を進め、交通事故削減に取り組んでいきます。

※1急ブレーキ、急ハンドル、急アクセルなど。
※2一時不停止、速度超過、通行禁止違反など。
※3本スコアリング機能の方式について特許出願中。
※4信号やカーブなどの「デジタル地図属性データ」に、「事故発生地点データ」や「急減速多発地点データ」などをGIS技術で関連付け、時間帯や天候などを加味して、事故が発生しやすい場所などを予測する独自の事故リスクプラットフォームを活用。

AIスコアリング機能開発の経緯

「Intelligent Pilot」の事故削減効果をさらに高める手法を検討する中で、「交通死亡事故を起こしている方の約8割が、過去5年以内に交通違反をしている※5」との調査データに着目。事故を防ぐには、交通違反行動を把握するなど、運転を正しく評価する必要があると考えました。そこで、運転行動のモデル化などの知見を有する名古屋大学の武田一哉教授※6ご協力のもと、交通事故との関係性が高い違反行動の抽出および交通違反と判断する行動の定義などを行い、AIスコアリング機能の診断アルゴリズムに取り入れました。

AIスコアリング機能の検証データ

実際に事故を起こしたドライバーと無事故のドライバーの走行データを、AIスコアリング機能を用いて診断した結果、事故を起こしたドライバーの84%が“リスクが高い”、無事故のドライバーの93%が“リスクが低い”と診断されました。

*2019年2月パイオニア調べ。2017年4月から2018年9月にかけて当社が収集した走行データの中から、それぞれに該当するデータを無作為に抽出(各159件)し、診断した結果。

※5大阪府警察:交通死亡事故当時者と交通違反歴との相関分析結果より
https://www.police.pref.osaka.lg.jp/kotsu/anzen/4/5867.html

※6武田一哉 教授のプロフィール
名古屋大学 未来社会創造機構 IEEE ITS Society BOGメンバー(理事) 人間機械協奏技術コンソーシアム(HMHSコンソーシアム)領域統括
実道路におけるさまざまなドライバーの運転行動をデータベース化し、ドライバー個々人の運転行動の特徴を分析・抽出し、運転行動のモデル化を行うとともに、その成果を活用して、ドライバーの個性に応じた個性化運転支援システムの開発を行っている。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!