KFCカナダのデリバリーサービスでビットコイン決済がスタート

フライドチキンチェーンのKFCカナダがビットコイン(Bitcoin/BTC)決済を始めたことが分かりました。KFCカナダの公式Facebook(@KFCCanada)で発表しています。

ビットコイン(BTC)で支払う「Bitcoin Bucket」

KFCカナダのFacebookページには動画がアップされており、「Bitcoin Bucket」という商品を発表しています。「Bitcoin Bucket」の価格はビットコインで20カナダドルに相当するとし、BitPay(ビットペイ)によって支払うことができます。そのため、「Bitcoin Bucket」の価格はビットコインの為替レートに応じて変化します。期間限定のデリバリーサービスとして、カナダ国内でのみオンラインで購入可能です。オリジナルテンダー10ピース、ワッフルフライ、ミディアムサイド、ミディアムグレイヴィー、ディップ2種類が含まれています。

BitPay(ビットペイ)について

「BitPay(ビットペイ)」はアメリカの大手仮想通貨決済サービスで、北アメリカやヨーロッパを中心に世界中で利用されています。タブレットやスマートフォンにインストールするだけで無料で最新のビットコイン決済システムが導入できるとしています。ビットコイン(BTC)のほか、ビットコインキャッシュ(BCH)にも対応しています。

KFC店舗でのビットコイン決済は始まるのか

今回のKFCカナダの試みは「Bitcoin Bucket」という商品をオンラインショップで販売、BitPay(ビットペイ)を利用してビットコイン決済で購入するというものでした。KFC店舗に足を運び、ビットコインをで支払うことはできません。今は一つのキャンペーンとして行っているようですが、実際に店舗でもビットコイン決済が可能になるかもしれません。KFC以外でも対応店舗は増えつつありますし、次の発表が楽しみですね。

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。