リップル社、オーストラリア国立大学へ約1億1,000万円を寄付

オーストラリアの名門大学として知られるThe Australian National University(オーストラリア国立大学)が、Ripple(リップル)社より100万米ドル(約1億1,000万円)の支援を受けたと発表しました。

オーストラリア初の「UBRI」参加大学


リップル社は「University Blockchain Research Initiative(大学ブロックチェーン研究イニシアチブ/UBRI)」を2018年に設立し、大学と共同でブロックチェーンの研究・開発や人材育成などを行なっていくなど教育分野にも力を入れています。
2月初旬、新たに清華大学をはじめとする11の大学との提携を発表しており、リップル社と手を組む大学が増加してきています。

オーストラリア国立大学は今回のリップル社からの支援金を、ブロックチェーン、スマートコントラクト、デジタル決済が法律にどのような影響を与えるか研究するために役立てるとしています。
なおオーストラリア国立大学は、オーストラリアでUBRIに参加する唯一の大学とのことです。

関連記事

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。