ニュースまとめ

BMWとダイムラー、カーシェアリングなどモビリティサービスに10億ユーロ以上投資へ

ドイツの大手自動車メーカーBMWとDaimler(ダイムラー)が、カーシェアリングや配車サービスなどといったモビリティサービス事業に10億ユーロ(約1255億円)以上投資することが発表されました。

5社を新たにベルリンに設立へ


BMWとDaimlerではカーシェアリングや配車サービス、電動車の充電などのモビリティサービスを独自に手がけてきましたが、今回これらの事業を新たに再編。
複合交通の「REACH NOW(リーチナウ)」、充電の「CHARGE NOW(チャージナウ)」、タクシー配車の「FREE NOW(フリーナウ)」、駐車予約の「PARK NOW(パークナウ)」、カーシェアリングの「SHARE NOW(シェアナウ)」といった5つの新会社をドイツ・ベルリンに設立するといいます。
また、将来5つの事業を連携し自動運転電気自動車によるモビリティーサービスの展開を狙うとしています。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。