アメリカのスタートアップSoFiがコインベースと提携 仮想通貨取引サービス開始へ

アメリカのスタートアップ企業SoFi(ソーファイ)が大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)と提携し、仮想通貨取引サービス開始するとCNBCが報じました。

「SoFi Invest」で仮想通貨取引サービスを提供


SoFiは2011年に設立されたスタートアップでソフトバンク、PayPalの創業者として知られるPeter Thiel(ピーター・ティール)氏などから出資を受けています。
学生ローンの借り換えサービスや若者向けの住宅ローン融資、資産管理などのサービスを提供しており、2019年後半にはクレジットカードの発行も予定されています。

SoFiの仮想通貨取引サービスは2019年第2四半期に提供される予定であり、2019年初めに公開された投資プラットフォーム「SoFi Invest」上で利用できるとのことです。
SoFiのCEOであるAnthony Noto(アンソニー・ナトー)氏は「我々のターゲットである顧客は仮想通貨の価格がいくらかを確認し、それを購入したいんだ」と述べています。

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。ポイ活もちまちま始めてみました。