ニュースまとめ

リップル社「xCurrent」活用のSBIレミット、国際送金累計額が6,000億円を突破

SBIグループの国際送金サービス企業SBIレミットが、国際送金の累計額が6,000億円を突破したことを発表しました。

5,000億円突破からわずか5ヶ月で達成

SBIレミットでは220ヶ国に送金できるサービスの提供を行なっています。会員登録数は現在約50万人で、日本に住むアジア諸国をはじめとしたさまざまな国籍のユーザーがサービスを利用しています。
国際送金サービスにはRipple(リップル)社xCurrentを活用していることから、スピーディーで低コストな送金を行うことが可能です。

2018年9月時点で国際送金累計額が5,000億円を突破していたSBIレミットですが、わずか5ヶ月後の2019年2月に6,000億円を突破したことが明らかになりました。
政府が外国人人材の受け入れ拡大を表明していることから、日本における外国人人口は今後増加していくことが見込まれます。これに伴い、今後もSBIレミットの国際送金サービスはニーズがより高まっていくことでしょう。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。