成田空港、搭乗ゲートなどを“顔パス”で通過 新しい搭乗手続き「OneID」スタート

成田空港では、2020年春から、世界最先端の顔認証技術を用いた新しい搭乗手続き「OneID」がスタートします。

従来必要であった搭乗券やパスポートを提示することなく “顔パス” で通過できるようになります。

手荷物預け、保安検査、搭乗ゲートを“顔パス”で通過が可能に

以下、プレスリリースより引用。

お客様は、チェックイン等、空港での最初の手続き時に顔写真を登録すると、その後の手続き(手荷物預け、保安検査、搭乗ゲート)において、従来必要であった搭乗券やパスポートを提示することなく “顔パス” で通過できるようになります。

保安検査場では、従来搭乗券確認を行っていた入口をウォークスルーで通過した後、保安検査に進むことができるようになるとともに、搭乗ゲートでは、ウォークスルーで通過できるようになります。

お客様は、搭乗までの煩わしい手続きが軽減し、スムーズにご搭乗いただけるようになるとともに、手続きにおける待ち時間が短縮することが期待されます。

また、最先端の顔認証システムを活用することにより、各手続きにおける本人確認精度が向上し、テロ等への未然防止にも一層万全を期すことができるようになります。
 
加えて、労働力不足が深刻化するなか、手続きの自動化によりスタッフの省力化、省人化が図られます。

この新しい旅のスタイルは世界でも取り組みがはじまったばかりであり、国内では成田空港が先駆けて導入いたします。是非ともご期待ください。
 
なお、対象便等、運用方法の詳細については、今後、参加航空会社と協議の上決定いたします。

おすすめ記事

ayaya

ayaya

BITDAYS編集部のニュースを担当。ファッションレンタル無料体験利用中。日々キャッシュレス決済のお得情報を集めています。