P&G、洗濯のサブスクリプションサービス「Tide Cleaners」開始

一般消費財メーカー世界大手のP&G(Procter & Gamble/プロクター・アンド・ギャンブル)が、洗濯用洗剤「Tide(タイド)」ブランドを利用した洗濯のサブスクリプションサービス「Tide Cleaners(タイド・クリーナーズ)」をアメリカにて開始しました。

洗剤「Tide」の洗濯サービスが登場

「Tide Cleaners」は24時間365日アクセスできる専用のロッカーに洗濯物を預けておくことで、「Tide Cleaners」の従業員がロッカーから洗濯物を取り出して洗濯を行ってくれるサービスです。
料金の支払いやロッカー番号の設定は専用アプリから可能で、洗濯が完了するとユーザーに通知が届き、ロッカーから洗濯済みの服などを取り出す仕組みとなっています。

現在アメリカのボストン、シカゴ、フィラデルフィアなど8地域でサービスが利用可能。
金額は地域によって異なっており、ボストンの場合は約9kg〜36kgで月額29.99ドル(約3,357円)〜99.99ドル(約11,195円)の料金設定となっています。

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。ポイ活もちまちま始めてみました。