ニュースまとめ

P&G、洗濯のサブスクリプションサービス「Tide Cleaners」開始

一般消費財メーカー世界大手のP&G(Procter & Gamble/プロクター・アンド・ギャンブル)が、洗濯用洗剤「Tide(タイド)」ブランドを利用した洗濯のサブスクリプションサービス「Tide Cleaners(タイド・クリーナーズ)」をアメリカにて開始しました。

洗剤「Tide」の洗濯サービスが登場

「Tide Cleaners」は24時間365日アクセスできる専用のロッカーに洗濯物を預けておくことで、「Tide Cleaners」の従業員がロッカーから洗濯物を取り出して洗濯を行ってくれるサービスです。
料金の支払いやロッカー番号の設定は専用アプリから可能で、洗濯が完了するとユーザーに通知が届き、ロッカーから洗濯済みの服などを取り出す仕組みとなっています。

現在アメリカのボストン、シカゴ、フィラデルフィアなど8地域でサービスが利用可能。
金額は地域によって異なっており、ボストンの場合は約9kg〜36kgで月額29.99ドル(約3,357円)〜99.99ドル(約11,195円)の料金設定となっています。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。