投資管理アプリ『マイトレード』が松井証券アプリ『株touch』から起動可能に

松井証券は、2019年3月16日(予定)より、当社が提供するスマートフォン向けトレーディングアプリ「株touch」と、投資管理アプリ「マイトレード」との連携を開始します。

スマホ向けトレーディングアプリ「株touch」からの起動が可能に

「マイトレード」は、株式会社NTTドコモが新規事業創出プログラム「39works」の一環として開発し、株式会社テコテックがサービスの運営を手掛ける投資管理アプリです。

個人投資家は、自身が保有する証券会社の口座を登録すると、自動で取引履歴などのデータを記録・集計し、取引結果の分析などを簡単に行うことができます。「マイトレード」の利用者数は、2019年1月に5万人を突破し、多くの個人投資家が活用しています。

現在、当社を含めたオンライン証券7社の口座を登録できますが、当社では「株touch」から「マイトレード」を直接起動できるようになります。今後においても、株式取引以外の商品のデータ連携等、サービスの拡充を検討していくとのことです。

アプリ連携の概要

①「株touch」から「マイトレード」を起動

②「マイトレード」で松井証券の口座を登録

③ 取引データや資産状況を確認

関連記事


ayaya

ayaya

BD編集部のニュースを担当。ファッションレンタル無料体験利用中。日々キャッシュレス決済のお得情報を集めています。