ダッシュ(DASH)がアメリカの取引所BitINKAとのパートナーシップを発表

匿名性の高さや取り引きの速さで人気の仮想通貨ダッシュ(DASH)は、アメリカの仮想通貨取引所BitINKAとパートナーシップを結んだことを発表しました。

南米を代表する取引所と人気上位のDASHが統合

仮想通貨ダッシュ(DASH)は、アメリカの仮想通貨取引所BitINKAとパートナーシップを結んだことを発表しました。これにより、ラテンアメリカの国民へ即金機能を備えた政府発行の紙幣に代わるものの提供が可能となるほか、分散型で取引手数料が不要な取引が可能になります。BitINKAのCEO、Roger Benites氏は「世界では仮想通貨の需要が爆発的に増加しており、ダッシュの手数料の低さはユーザーにとっても有益なもの。当社のプラットフォームを改善し、さまざまな機能を追加していく予定です。2018年はBitINKAにとって素晴らしい年となるでしょう」と発言しています。

DASHの導入でラテンアメリカに新たな光を

南米に拠点を置くBitINKAは12カ国、35の銀行と提携している大手取引所。DASHは時価総額が12位に位置する人気の通貨です。今回の統合をきっかけに、BitINKAは海外支払いと送金プラットホーム、InkaPay、暗号方式仮想通貨デビットカード・サービスにDASHを追加。
ユーザーはDASHでの支払いに加え、1月25日からはBitINKAデビットカードを優先的に使用できるようになるそうです。
通貨価値が高くないラテンアメリカの国はデジタル通貨を使用する重要性も認めているため、この取り組みは多くの人にとって有益なものになりそうです。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰