三菱UFJ信託銀行、「つかえて安心」提供開始 認知症でもスマホで代理人による引き出し可能に

三菱UFJ信託銀行が本日3月12日(火)より、新たな金融商品「つかえて安心」の提供を開始しました。

国内初・代理人による引き出しが可能に


「つかえて安心」では契約者が認知症などで判断能力が低下した際に、代理人が契約者の代わりに必要なお金の引き出しを行える金融商品となっています。
引き出しは専用のスマートフォンアプリから可能であり、契約者の医療費や食費などの領収書を代理人が撮影し請求することで払い出しが受けられます。
またアプリには通知機能が実装されているため、アプリを利用する親族などが払出請求内容や入出金履歴を確認できるようになっています。

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。