フリマアプリ「メルカリ」、コスメのバーコード出品が可能に iOSで先行導入

株式会社メルカリが提供するフリマアプリ「メルカリ」において、「バーコード出品機能」がコスメカテゴリーに導入されることが発表されました。

コスメ二次流通の需要に対応

以下、プレスリリースより引用。

株式会社メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」(以下、メルカリ)において、バーコードを読み取るだけで簡単に出品できる「バーコード出品機能」をコスメカテゴリーに導入いたします。
※iOSより先行導入し、Android、ほか機種に関しては順次導入予定。

背景

2019年2月に三菱総合研究所とメルカリが発表した「シェアリングエコノミーに関する共同研究」の結果(※)によると、フリマアプリ利用者の50%が新品化粧品を購入する際、将来売却することを意識しており、また、購入機会が増えた人の70%以上がその理由を「フリマアプリでの売れ行きがいいから」と回答するなど、化粧品における二次流通の需要が伺える結果となりました。

そのような市場背景から、この度2018年6月に本・ゲーム・CD・DVDを対象に導入した、読み取るだけで商品名や参考価格が表示される「バーコード出品機能」を「新品、未使用」などの新古品の出品が多く、箱やケースなどバーコードつきの出品が多いコスメカテゴリーにも導入することとなりました。

メルカリではこれまでも、コスメ・化粧品の取引ガイドラインを定め、危険物や安全性に問題があるものや使用期限切れの化粧品類、また許認可のない化粧品類や小分けした化粧品類などを出品禁止物として365日・24時間体制で監視するなど、お客さまが安心・安全にご利用いただけるマーケットプレイスを目指しています。
※「シェアリングエコノミーに関する共同研究」
https://about.mercari.com/press/news/article/20190226_mercari_mri_research/

概要

出品画面でバーコード出品を選択し、出品したい商品のバーコードをスキャンします。その後、写真撮影を完了すると、カテゴリーや商品名、売れやすい価格が販売価格に自動で入力されるほか、説明入力時に参考となる情報が自動で補完されるので、手間なく簡単に出品出来るようになります。

メルカリでは今後も、より多くのお客さまに安心・安全で使いやすいプラットフォームを目指し邁進してまいります。

関連記事


メルペイはこちらから

あわせて読むとオススメ
 

編集部が選ぶQRコード・スマホ決済おすすめ最新アプリ決定版【2019】

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。