仮想通貨の呼称が「暗号資産」に 政府が「金融商品取引法」「資金決済法」改正案を閣議決定

日本政府は本日3月15日(金)、「金融商品取引法」「資金決済法」の改正案を閣議決定しました。

国際会議での呼称と統一へ


今回の閣議決定により、仮想通貨の呼称が「暗号資産」へ変更されます。

「G20」など国際会議で「暗号資産」を指す「クリプト・アセット」という呼称が利用されており、「通貨」という表現が円やドルなど各国が発行する通貨と混同を招く恐れがあることから変更を行うとしています。

関連記事

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。ポイ活もちまちま始めてみました。