18歳成人の教材「おとなドリル」話題に クレジットカードや契約の仕組みなど「大人も知りたい基礎知識」が学べる

家庭科・書道の教科書出版を行う教育図書が発表した18歳成人の教材「おとなドリル」。今インターネット上で同教材が大きな話題になっています。

「大人でも欲しい」の声多数 一般販売も

2022年4月より成年年齢が20歳から18歳に引き下げられることを受け、制作された「おとなドリル」。
「クレジットカードの機能」「家計管理の基本」「契約の仕組み」「18歳成人でできること・できないこと」など、「大人の基礎知識」がマンガ付きで学べる1冊となっています。

18歳成人に向けて作られた「おとなドリル」ですが、ネット上では「大人でも欲しい」とすでに成人を迎えた大人からも多くの支持を集めています。
学校教材として提供されていますが、4月以降に一般向けの販売も予定されているとのことです。


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。