ニュースまとめ

SBIホールディングス、xCurrent活用送金アプリ「Money Tap」提供の子会社を設立

SBIホールディングスが3月19日(火)、ブロックチェーンを活用した送金サービスなどを提供する子会社を設立したことが明らかになりました。日本経済新聞が報じています。

送金アプリ「Money Tap」提供


新たな子会社は個人間送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を提供するとしています。
「Money Tap」はRipple(リップル)社のxCurrentが活用されている送金アプリです。SBI Ripple Asiaが運営を行なっていますが、SBIホールディングスが資金面のサポートを行いやすいように法人化を決めたといいます。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。