SBIホールディングス、xCurrent活用送金アプリ「Money Tap」提供の子会社を設立

SBIホールディングスが3月19日(火)、ブロックチェーンを活用した送金サービスなどを提供する子会社を設立したことが明らかになりました。日本経済新聞が報じています。

送金アプリ「Money Tap」提供


新たな子会社は個人間送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を提供するとしています。
「Money Tap」はRipple(リップル)社のxCurrentが活用されている送金アプリです。SBI Ripple Asiaが運営を行なっていますが、SBIホールディングスが資金面のサポートを行いやすいように法人化を決めたといいます。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。