ニュースまとめ

Zaif、ブロックストリームとインターコンチネンタルへ暗号通貨情報を提供

1月18日夜、国内の仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)は、カナダのブロックストリーム・インク社(ICE)とアメリカのインターコンチネンタル取引所へ、ザイフのデータフィードを提供することを発表しました。

暗号通貨データフィードを金融会社へ提供するために

国内の仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ株式会社によると、ブロックストリームはICEデータサービス向けに、ザイフを含む15以上の世界の仮想通貨取引所から主要な仮想通貨の価格やオーダーブックなどの情報を広く取得し、リアルタイムでデータを提供するとのことです。
各取引所の出来高や価格、数値、通貨、タイムスタンプといったデータを米ドルや主要な法定通貨建てで表示する「暗号通貨データフィード」というサービスは、各取引所の保有する異なるデータをブロックストリームがリアルタイムで取得・統合。このサービスにより、ICEデータサービスの顧客は少ない遅延時間でこれらの情報フィードを取得することができるようになります。

金融機関へ情報を提供

ブロックストリームとインターコンチネンタル取引所はこれらの情報を金融機関をはじめとするユーザーへ提供するようです。暗号通貨の規制については世界で物議を醸し出していますが、国家の法定通貨を扱う金融機関やそのユーザーにも真剣に受け止められていることがわかります。
また、ブロックストリームとインターコンチネンタル取引所の詳しい取り組みについては、別途記事にて後述します。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!