ベラルーシで仮想通貨が合法化。3月から税金免除へ

東ヨーロッパに位置する共和制国家ベラルーシで仮想通貨が合法化、3月から税金免除になることが分かりました。

ベラルーシ大統領が署名

ベラルーシのAlexander Lukashenko(アレクサンダー・ルカシェンコ)大統領は、ベラルーシにおける暗号化通貨、ICO、スマートコントラクトを合法化する法令に署名しました。この法令は3月28日に発効されます。
これによって、仮想通貨やトークンに関する活動が制限されることはなくなり、同時に、2023年まで、トークンの作成や取得、マイニングに関する活動については非課税になるとのことです。ただし、ある一定の要件を満たす必要があり、すべての仮想通貨に対して非課税になるというものではありません。

国家レベルでブロックチェーン技術の発展に貢献

この法令は、ベラルーシにおける特別経済区「HTP(High Technology Park)」の居住者である法人および個人起業家に暗号通貨やトークン活動をする権利を与えます。暗号通貨の交換や暗号プラットフォームの活動のみならず、開発においても飛躍する可能性を与えるでしょう。
これはかなり画期的な試みと言えます。ベラルーシは、国家レベルで仮想通貨を合法化する最初の国となるでしょう。

おすすめ記事

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!