アップル、ニューヨークなどの交通機関でApple Pay対応へ

アップルは、ニューヨーク、シカゴ、ポートランドで今年の後半にApple Payで公共交通機関の運賃を支払えるようになると発表しました。

非接触決済のグローバル化に期待

携帯電話で地下鉄やバスの運賃を支払えるのは日本では一般的となっていますが、米国の大半では今も紙の切符や、プリペイドカードなどを利用しています。

日本時間3月26日のプレスイベントで、アップルは米国のいくつかの主要都市でApple Payがサポートされ、iPhoneやApple Watchをかざして運賃を支払えるようになると発表しました。

詳しくは語られませんでしたが、アップルはニューヨーク、シカゴ、ポートランドで今年の後半にApple Payで公共交通機関の運賃を支払えるようになると認めました。

非接触決済はグローバルで見ても、東京(日本)のほかに、ロンドンやモスクワ、北京、上海、広州などの一部の大都市でしか利用されていません。多くの都市で使えるようになれば、そこを訪れた時に交通機関を簡単に利用できるようになるでしょう。

関連記事

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

ayaya

ayaya

BD編集部のニュースを担当。ファッションレンタル無料体験利用中。日々キャッシュレス決済のお得情報を集めています。