総務省、キャッシュレス普及にむけた実証実験 PayPay、LINEPay、d払いなどの決済事業者が参加

総務省は、スマートフォンなどで支払いを行うキャッシュレス決済の普及を進めようと、和歌山県、福岡県、長野県、岩手県の4つの県と協力して、個人店舗などを中心に、およそ3万店舗が参加する大規模な実証実験を行う予定とのことです。

店舗側負担を減らし、QRコードの仕様統一もはかる

実験は、8月1日から半年間行われ、ソフトバンクなどが展開するPayPayLINEPayd払いなど国内の10程度の決済事業者が参加します。

今回はPayPayを除く事業者がQRコードの仕様を統一する予定で、店舗が支払う手数料を1%台に引き下げるということです。

総務省情報通信政策課は「小規模な店舗でも少ない費用で導入できる仕組みなので効果を実証し、他の地域にも広げていきたい」と話しています。

決済事業者のお問い合わせ先

・PayPay
TEL:0120-990-634(24時間365日受付)
お問い合わせフォーム:https://support.paypay.ne.jp/consumerform
・LINE Pay
お問い合わせフォーム:https://contact-cc.line.me/serviceId/10712
・d払い
お問い合わせフォーム:https://www.nttdocomo.co.jp/support/inquiry/

PayPayの店舗導入はこちら
 

店舗負担0円から始められるPayPay
最短1週間でご利用開始


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

ayaya

ayaya

BD編集部のニュースを担当。ファッションレンタル無料体験利用中。日々キャッシュレス決済のお得情報を集めています。