トヨタとソフトバンクのモネ・テクノロジーズが日野自動車、ホンダと提携

トヨタとソフトバンクが共同で設立したモビリティサービス企業「モネ・テクノロジーズ」が日野自動車、ホンダと資本・業務提携に関する契約を締結したことが発表されました。

4社によるMaaS事業の展開に注目


今回の提携はMaaS事業の価値向上・モビリティサービスユーザーへのサービス向上を図ることを目的としています。
日野自動車とホンダはそれぞれモネ・テクノロジーズに2億4,995万円を出資し、9.998%の株式を取得する予定とのことです。

モネ・テクノロジーズは「オンデマンド通勤シャトル」「オンデマンドバス」の実証実験を実施しており、ソフトバンクとホンダは沖縄県宮古島市において電動二輪車「PCX ELECTRIC」のレンタルサービスを開始しています。
これまで各企業で展開してきたMaaS事業が、今後どのように展開していくか要注目です。

関連記事




合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。