楽天ウォレット、15日から新規口座開設の受付開始

楽天ウォレットが4月15日(月)から新規口座開設の申込受付を開始します。

2019年6月からサービス開始予定

以下、プレスリリースより引用。

楽天グループの連結子会社で仮想通貨交換業を運営する楽天ウォレット株式会社は、2019年6月(予定)に暗号資産(仮想通貨)取引サービス「楽天ウォレット」を開始いたします。サービス開始に先立ち、4月15日(月)より新規口座開設の申込受付を開始しますので、お知らせいたします。

 本サービスは、場所を選ばずに暗号資産(仮想通貨)の取引が行えるよう、スマホアプリの提供を予定しています。口座開設手数料は無料、AI技術を採用した自動応答チャットサービスを導入し、ユーザーの問い合わせにいつでも対応できるようにしています。
 セキュリティ対策としては、お客様からお預かりした資産を原則コールドストレージと呼ばれるオフライン環境下で管理するため、安全性が極めて高く、安心してサービスを利用いただけます。

 楽天ウォレットは、3月25日(月)に資金決済に関する法律に基づく「仮想通貨交換業者」として関東財務局への登録が完了しています。業界をリードし、最先端技術を導入するなどシステム投資を継続していくために、このたびシステムを刷新して、本サービスを開始します。

 今後も、お客様に安全・快適にご利用いただける取引サービスを提供できるよう、さらなるサービスの拡充を目指してまいります。

楽天ウォレット株式会社

楽天ウォレット株式会社は、2017年3月30日に仮想通貨交換所のサービスを開始いたしました。2017年9月7日には、資金決済に関する法律第 63 条の3第1項の規定による仮想通貨交換業者の登録申請書を関東財務局へ提出し、2019年3月25日に資金決済に関する法律に基づく「仮想通貨交換業者」として関東財務局への登録を完了いたしました。なお、同社は2019年3月1日に、旧「みんなのビットコイン株式会社」から「楽天ウォレット株式会社」に商号変更しており、現サービスを3月末で停止し、2019年6月(予定)から暗号資産(仮想通貨)取引サービス「楽天ウォレット」を開始いたします。

関連記事

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部
フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信