ニュースまとめ

福岡市、市税の支払いに「LINE Pay」が対応

2019年4月1日より一部の福岡市市税の支払いで「LINE Pay 請求書支払い」が利用できるようになりました。

自動車税に続き市税の支払いにも対応

同じく4月から公共施設でLINE Payが導入されるなど福岡市では急速にキャッシュレスが広がっています。キャッシュレスは市民の生活を便利にするだけでなく、インバウンド観光客への対応による経済の活性化や事業者の事務作業の効率化など生産性の向上にも繋がります。

「LINE Pay 請求書支払い」は、請求書や納付書に印字されたバーコードをスマートフォンで読み込むだけで24時間時間と場所を選ばず「LINE Pay」で支払いを完了させることができるサービスです。現金準備を含め、支払いのためにコンビニや銀行窓口に赴く時間を省くことができ、自宅で簡単に支払いを完了させることができます。
(ご利用方法はこちら)

対象となる納付書

今回、福岡市で対象となるのは以下の4つの納付書です。

・ 軽自動車税
・ 個人市県民税(普通徴収)
・ 固定資産税・都市計画税
・ 固定資産税(償却資産)

上記に加えて、福岡県では自動車税もLINE Payで納税ができます。

関連記事

関連記事

福岡県においてスマホ決済サービス「LINE Pay」で自動車税の納税が可能になることが、九州朝日放送の報道で明らかになりました。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});[…]

LINE Payのお問い合わせ先

https://contact-cc.line.me/serviceId/10712

LINE Payはこちら

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYS編集部のニュースを担当。ファッションレンタル無料体験利用中。日々キャッシュレス決済のお得情報を集めています。

- ayaya の最近の投稿