名古屋市、市税のクレジットカード納付が可能に スマホでバーコード読み取り

名古屋市において本日4月1日(月)より、クレジットカードによる市税の納付が可能になりました。

24時間スマホから納税が可能に


名古屋市はエフレジが提供する決済サービス「F-REGI 公金支払い」を導入。4月1日(月)より、インターネットを経由した市税のクレジットカード収納業務を開始しました。
名古屋市のホームページからオンライン納付専用画面にアクセスし、納付書に印字されたバーコードをスマートフォンやタブレット端末のカメラ機能にて読み取り、必要事項を入力するとクレジットカードで市税の納付が行えます。
これにより24時間どこにいても納付することが可能になり、金融機関へ足を運ぶ必要がなくなることで納税者の利便性が向上するとみられています。
また納税を行うと、クレジットカード会社が提供するポイントも原則付与されるといいます。

以下、公式発表より引用。

サービス概要

対象税目

個人市民税・県民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税(土地・家屋)、固定資産税(償却資産)、軽自動車税
※納付額が30万円までのものに限ります

利用開始日

2019年4月1日(月)

納付方法

スマートフォン・タブレット端末等から名古屋市ホームページを経由して、オンライン納付サイトにて納付手続きを行います

利用可能なクレジットカードブランド

Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club

指定代理納付者

・三菱UFJニコス株式会社
・三井住友カード株式会社
・株式会社ジェーシービー

納付サイト運営事業者(決済事業者)

株式会社エフレジ

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。