ニュースまとめ

富士薬品グループがLINE Pay、PayPayなどスマホ決済5種導入

配置薬の販売やドラッグストア「セイムス」を展開する富士薬品グループが、4月1日(月)からスマホ決済サービス5種類を新たに導入しました。

WeChat Payに加えて新たに5種が利用可能に


富士薬品グループは、アメリカ・アトランタに本社を置く世界最大手のPOSAカード流通事業者であるインコム・ジャパンとQR・バーコード決済に関する加盟店契約を新たに締結。
以前からWeChat Pay(ウィーチャットペイ/微信支付)を導入していた富士薬品グループですが、4月1日(月)から新たに以下の5種類も利用可能になりました。

Alipay(アリペイ/支付宝)
d払い
LINE Pay(ラインペイ)
PayPay(ペイペイ)
楽天ペイ

関連記事

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿