PayPay、残高送金が可能に 「PayPay ID」も新たに導入

スマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」が本日4月3日(水)にアプリのリニューアルを実施し、新たにPayPay残高の送付・受け取りができるようになりました。

電話番号や「PayPay ID」不要で送金が可能


以下、プレスリリースより引用。

ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の共同出資会社であるPayPay株式会社は、本日PayPayアプリを大幅にリニューアルしました。

主な新機能は以下の通りです。なお、リニューアルされたアプリを利用するには、アップデートが必要です。

①PayPay残高(※1)を「送る」「受け取る」が便利に

・PayPayアプリのトップから、便利にPayPay残高の送付や受け取りができるようになりました。SNSなどで受取用URL(※2)を送ることで、電話番号や今回新たに導入するPayPay IDを知らない相手にも送ることができます。

・PayPayを登録されていない相手にも、PayPay残高を送ることができます。PayPayを登録されていない方は、登録するとPayPay残高を受け取ることができます。なお、受け取りを辞退した場合、PayPay残高は送ったユーザーに戻ります。

・さらに、PayPay残高を送る際に、「パスコード」を設定できるようになりました。パスコードがついたPayPay残高は、パスコードを入力しないと受け取ることができません(※3)。

②「PayPay ID」を導入

・ユーザー自身で設定できるPayPay IDを導入しました。PayPay残高を送る場合などに、送り先のPayPayユーザーの検索には携帯電話番号を使用していましたが、PayPay IDでも探すことができます。

・一度設定したPayPay IDは変更することはできず、各ユーザー固有の変わらないIDになるため、確実にユーザーを指定することができます。

※1 PayPay残高のうち、送付できるのはPayPayライトのみです。特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈されるPayPayボーナスは送付できません。PayPayボーナス、PayPayライトの詳細はこちらをご覧ください。
※2 受取用URLの有効期限は2週間です。
※3 PayPay残高を送るユーザーは、受け取るユーザーにSNSなどでパスコードを伝える必要があります。PayPayアプリリニューアルの詳細については、こちらをご覧ください。

「PayPay」の主な特長

・電子マネー(「PayPay残高」または「Yahoo!マネー」)と、クレジットカードの2種類からユーザーが自由に決済手段を選択できます。

・加盟店が提示したQRコードをユーザーがアプリで読み取る「ユーザースキャン(スキャン支払い)」方式と、ユーザーがアプリに表示したバーコードやQRコードを加盟店がレジなどで読み取る「ストアスキャン(コード支払い)」方式の2通りを提供しており、加盟店がいずれかを選択できます。

関連記事

PayPayのお問い合わせ先

TEL:0120-990-634(24時間365日受付)
お問い合わせフォーム:https://support.paypay.ne.jp/consumerform

PayPayの店舗導入はこちら
 

店舗負担0円から始められるPayPay
最短1週間でご利用開始



合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。