ニュースまとめ

nanaco、還元率を0.5%に引き下げへ アプリ会員併用で1%維持も

「イトーヨーカドー」「セブンイレブン」などを展開するセブン&アイ・ホールディングスの電子マネー「nanaco(ナナコ)」が、2019年7月以降ポイント還元率を現在の1%から0.5%へ引き下げることが明らかになりました。日本経済新聞が報じています。

セブン・ペイ利用でも0.5%還元


セブン&アイ・ホールディングス店舗でのnanacoの還元率は現在1%であり、加盟店で100円毎にnanacoポイントが1ポイント付与される仕組みとなっています。貯まったポイントは加盟店でのnanaco決済時に使うことが可能です。
2019年7月以降は還元率が0.5%へ変更され、200円毎に1ポイント付与する形になります。セブン&アイ・ホールディングスのグループ外約40万店ではnanacoが導入されていますが、提携先の還元率は各社の判断に委ねるとのことです。

nanacoのポイント還元率を下げることで、セブン&アイ・ホールディングスが展開するアプリの会員獲得に注力するといいます。アプリでは利用状況に合わせたクーポンの配信などができるようになるため、来店促進へつながることが見込まれます。
アプリの会員には2019年9月を目処に、アプリ提示などの際に200円毎に1ポイントを付与するとのこと。アプリとnanacoを併用するとポイント還元率は1%となり、従来のnanacoと変わらないポイント還元を受けることが可能です。

また、セブン&アイ・ホールディングスが2019年7月開始予定のスマホ決済サービス「セブン・ペイ」の利用でも還元率は0.5%となり、200円毎に1ポイントが付与されます。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿