BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨を格付け!アメリカの大手格付け機関が発表

主に安全性を順位付けするために企業や国が発行する債券に対しておこなわれることの多い格付けですが、1月24日から仮想通貨に対する格付けがアメリカで発表されるようです。対象通貨や格付けについて詳しく見てみましょう。

アメリカの大手格付け機関が仮想通貨事業へ参入

アメリカの大手格付け機関Weiss Ratings社は格付け事業を開始し、1月24日に主要通貨に関する格付けWeiss Cryptocurrency Ratingsを発表する予定です。投資家が賢明な意思決定の支援を目指すこの格付けでは、各通貨は4つのサブモデルに分割されるようです。

・リスク指数:価格変動やボラリティなどの要因に基づく投資に関わるリスクレベル
・収益指数:過去の売買パターンに基づいた潜在的収益性
・テクノロジー指数:アナリストによりソースコードとホワイトペーパーのレビューや価格動向の分析、QueryTreeで評価をおこない生成された定量的な結果
・採択指数:普及度合いや取引速度、決済時間などの測定値

格付けの対象通貨は?

格付け対象とされている通貨は以下の12種類の予定です。

・ビットコイン(Bitcoin/BTC)
・イーサリアム(Ethereum/ETH)
・リップル(Ripple/XRP)
・ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
・カルダノ(Cardano/ADA)
・ネム(NEM/XEM)
・ライトコイン(Litecoin/LTC)
・ステラ(Stellar/XLM)
・イオス(EOS)
・トロン(TRON/TRX)
・モネロ(Monero/XMR)
・ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)

ただし、1月24日のリリース時の対象通貨のため、今後入れ替わりや追加がある可能性も十分に考えられます。

仮想通貨の格付けが増えれば投資家にとってもメリットに

「値上がりしそう」な通貨ではなく、「安全性」に基づく順位付けとなる今回の格付け。さまざまなデータの分析をもとに仮想通貨を格付けするのは初めての取り組みです。仮想通貨の格付けを考案したMartin D. Weiss博士は「多くの仮想通貨は過大評価され、いつ大暴落してもおかしくないリスクがあります。そのため、仮想通貨市場には安全で公平な格付けが必要とされているのです」と話します。
今回の格付けを皮切りに、仮想通貨の格付け機関や評価機関が増える可能性も。投資家にとっては評価指標が増えることは喜ばしいことですね。1月24日の発表に注目です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP