ニュースまとめ

リクルートかんたん支払い、消費増税時のポイント還元に参加 じゃらんなど加盟店で+5%還元

リクルートライフスタイルが運営するオンライン決済サービス「リクルートかんたん支払い」が、経済産業省が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業」において、「キャッシュレス発行事業者(A型決済事業者)」として登録完了したことが発表されました。

「リクルートかんたん支払い」加盟店などで+5%還元に


消費税が10%に引き上げられる2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、「キャッシュレス・消費者還元事業」が実施されます。
中小・小規模事業者によるキャッシュレス決済を使ったポイント還元などを支援することを目的としており、消費者は中小・小規模事業者においてキャッシュレス決済を利用することで、ポイントなどの還元を受けられるようになります。

「リクルートかんたん支払い」は4月12日(金)、同事業の「キャッシュレス発行事業者」の「A型決済事業者(ポイントなどの還元を行うキャッシュレス決済事業者)」として登録が完了しました。
「リクルートかんたん支払い」加盟店や「じゃらんnet」「ポンパレモール」のポイント還元対象加盟店・宿泊施設においてリクルートIDを利用して「リクルートかんたん支払い」を行うと、各サービスで通常付与されるポイントに加えて5%のポイント還元が受けられるとのことです。

関連記事

BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア

牛丼チェーンの「吉野家」が2019年10月に実施される消費増税以降、全約1,200店舗において2%のポイントを還元する方…

BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア

2019年10月の消費税10%引き上げに合わせて実施予定のポイント還元制度。制度に参加するキャッシュレス決済事業者の第1…

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。