国土省と経産省が「スマートモビリティチャレンジ」始動 自動運転など新たな交通サービス実装を支援

国土交通省と経済産業省が新たなプロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」を開始することを発表しました。

日本における新たなモビリティサービス実装を支援


日本では、車を所持しない層が増えたことによるカーシェア・シェアサイクルといったモビリティサービスの利用が増加してきています。
さらにトヨタとソフトバンクの「モネ・テクノロジーズ」による通勤用シャトルや、KDDIによる次世代移動通信技術「5G」を活用した自動運転の実証実験など、日本における新たなモビリティサービスの展開に向けた企業の取り組みも注目されています。

「スマートモビリティチャレンジ」は移動課題の解決や地域活性化の実現のために、新たなモビリティサービスの実装を目指す地域や企業を応援するプロジェクトとなっています。
プロジェクトでは「スマートモビリティチャレンジ推進協議会」を立ち上げ、地域や企業などの取組みに関する情報共有を促進しネットワークを拡大するほか、先駆的な取組みに挑戦する「パイロット地域」には事業計画の策定・効果分析などの支援を実施していくといいます。

関連記事



おすすめ記事

LINEの友だち登録でお得なクーポン・キャンペーン情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。