BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

ブロックチェーン推進協会が「ブロックチェーン技能検定」開始

ブロックチェーン推進協会(BCCC)は、ブロックチェーン大学校(BC大学校)と連携して「ブロックチェーン技能検定(BC技能検定)」を2018年2月から実施予定であることを発表しました。

2月から「ブロックチェーン技能検定」実施

1月22日(月)に開催された「第2回BCCC Collaborative Day」において、ブロックチェーン推進協会(BCCC)は、「教育部会」「技術応用部会」を新設してブロックチェーン技術者の育成を強化することを発表しました。
2018年2月からは、カリフォルニアのブロックチェーン大学校(BC大学校)と連携した「ブロックチェーン技能検定(BC技能検定)」を実施する予定です。この検定制度は、ブロックチェーン技術・知識に関する「講義」と「検定」を連携させるという日本で初めての試みです。
試験方法はについては、インターネット上でいつでも受験できる「オンラインテスト形式」を予定しています。2018年2月9日からエンジニア向けブロンズコースの試験、2018年夏からはビジネスブロンズコースの試験を開始するそうです。

ブロックチェーン推進協会(BCCC)について

ブロックチェーン推進協会(BCCC)は、

会員が相互に情報交換、切磋琢磨しながら、ブロックチェーンの普及啓発を行い、自らブロックチェーンの適用領域を拡大することによって、わが国産業の国際競争力増進に貢献するとともに、ブロックチェーン技術の進化にも寄与する

ことを目的としています。

今回の「第2回BCCC Collaborative Day」で、教育部会の部会長を務めるオウケイウェイブ代表取締役社長の兼元謙任氏は以下のように説明しました。

ブロックチェーンの技術をやっていると言っても、どこまで分かっているのか明確な基準がない。それを統一するために今回、教育と認定の仕組みを作ることにした。エンジニア向けとビジネス向けの2タイプ、それぞれにブロンズ、シルバー、ゴールドの3コースを予定している。ブロックチェーン普及に必要不可欠な技術・知識の習得について推進を目指す。

2016年8月にブロックチェーン大学校(BC大学校)を開講し、これまで約300名の修了生を輩出してきた実績があります。「ブロックチェーン技能検定」については、BC大学校の生徒だけでなく一般にも公開し、2018年年内に300人以上の受験を目標としているとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP