10~30代は「メルカリ」を支持 40〜60代は「ヤフオク!」ジャストシステムが調査

ワープロソフト「一太郎」「ATOK」の提供やネットリサーチなどを行うジャストシステムが、17歳~69歳の男女1,100名を対象とした調査「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年3月度)」の結果を公開しました。

若年層の化粧品・ファッションアイテムのサブスク利用率が増加

現在最も利用されているCtoC(個人間商取引)サービスを年代別に調査した結果、10〜30代は「メルカリ」(10代:48.3%、20代:62.8%、30代:51.9%)、40〜60代は「ヤフオク!」(40代:52.6%、50代:48.1%、60代:68.8%)であることがわかりました。
なお、自身の商品を販売する際も10〜30代では「メルカリ」、40〜60代では「ヤフオク!」が挙げられています。

また、ネット通販の利用経験があるユーザーで38.8%がサブスクリプションコマース(定期購入)を利用したことがあると回答。2018年3月度の調査時は31.3%であり、利用率が増加していることがわかりました。
特に若年層の間で、化粧品やファッションアイテムのサブスクリプションコマースの利用率が増加しています。2018年3月度の調査時は10代が16.3%、20代が18.6%でしたが、今回の調査では10代が21.2%、20代が20.9%を記録しています。

関連記事


ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。