バイナンス、ノートルダム大聖堂の再建支援キャンペーン開始

大手仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)が、フランス・パリの世界遺産「ノートルダム大聖堂」の再建支援を目的としたキャンペーン「Rebuild Notre Dame」を開始しました。

仮想通貨による再建支援の動きが拡大

4月15日(月)、ノートルダム大聖堂では大規模な火災が発生し、尖塔や屋根などが焼失しました。
仮想通貨で寄付を募る動きが広まっており、ブロックチェーンカンファレンス「BlockShow(ブロックショー)」でも現在仮想通貨による寄付を呼びかけています。

4月17日(水)からはBinanceによるキャンペーン「Rebuild Notre Dame」が開始。「Rebuild Notre Dame」のサイト上でビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)による寄付を受けつけています。

なお在日フランス大使館は、ノートルダム大聖堂再建のための寄付ができる4つの団体を、公式サイトで公開中です。

関連記事

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。