米格付け機関Weissの仮想通貨格付け、気になる結果は?

日本時間の1月24日(水)23時、アメリカの大手格付け機関「Weiss Ratings社」によって仮想通貨の格付け結果が発表されました。

アメリカの大手格付け機関による仮想通貨の評価

先日、アメリカの大手格付け機関「Weiss Ratings社」が仮想通貨業界に参入すること発表され話題になりましたが、日本時間の1月24日(水)23時、遂に仮想通貨の格付け「Weiss Cryptocurrency Ratings」が発表されました。

格付けの判定基準

投資家の賢明な意思決定の支援を目指すこの格付けでは、各通貨は4つのサブモデルに分割されます。

  • リスク指数:価格変動やボラリティなどの要因に基づく投資に関わるリスクレベル
  • 収益指数:過去の売買パターンに基づいた潜在的収益性
  • テクノロジー指数:アナリストによりソースコードとホワイトペーパーのレビューや価格動向の分析、QueryTreeで評価をおこない生成された定量的な結果
  • 採択指数:普及度合いや取引速度、決済時間などの測定値

今回の格付けは、さまざまなデータの分析をもとに「安全性」に着目して行われているようです。

気になる仮想通貨格付けの結果は…?

以下が(https://finance.weissratings.com/crypto/)で正式に発表された格付けになります。

  • Bitcoin/BTC (rated C+)
  • Ethereum/ETH (B)
  • Novacoin/NVC (D)
  • SaluS/SLS (D)
  • Steem/STEEM (B-)

上記以外の格付けに関しては定期購読者のみの閲覧となるようです。
今回A評価のコインはありませんでしたがあくまで一機関がだした格付けになりますので通貨への投資はご自身でしっかりとしたリサーチの上行うことをオススメします。また上記以外の通貨に関して様々な情報が流れていますがフェイクニュースも多いため記事なる方はご自身でWeiss Ratings社の定期購読を行うことを推奨いたします。

仮想通貨の格付けは価格に影響するか

今回の格付けは、発表前からかなり注目されていました。多くの投資家にとって、これが判断基準の一つとなるのかもしれません。この格付け結果が仮想通貨の価格変動に影響することは十分に考えられるでしょう。


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信