ニュースまとめ

飲食店特化のスマホ決済「TableCheck Pay」、100人に1人に食事代金8万円までキャッシュバック

TableCheckが提供するスマホ決済サービス「TableCheck Pay」が、本日4月22日(月)より対応クレジットカードの拡大を実施します。またユーザー向けに「100人に1人お食事代キャッシュバック」キャンペーン、飲食店向けには「決済手数料無料キャンペーン」を実施中です。

三井住友カードのプラチナ・ゴールド会員は当選確率が2倍に

以下、プレスリリースより引用。

飲食店とユーザーの「最高のレストラン体験を実現する」株式会社TableCheck(本社:東京都中央区、代表取締役社長:谷口 優、以下:テーブルチェック)は、本日より飲食店・レストラン特化型スマホ決済サービス「TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)」で利用できるクレジットカードブランドを主要5大ブランド(Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エクスプレス、ダイナースクラブ)に拡大することをお知らせします。これにより、対応カードブランドを契約するすべてのユーザーに対して、レストランにおける会計の待ち時間を最小限におさえたスマートな決済手段を提供できる環境を整えました。
同時にキャッシュバックキャンペーンを実施し、ユーザー獲得と導入店舗拡大を目指します。ユーザー向けには、4月22日(月)から6月22日(土)まで「100人に1人お食事代キャッシュバックキャンペーン」を開催します。飲食店向けには「決済手数料無料キャンペーン」を実施しており、4月16日(火)から2019年6月15日(土)までの売上は決済手数料が無料となります。

「TableCheck Pay」は、飲食店・レストラン特化型のスマホ決済サービスです。クラウド型レストランマネジメントシステム「TableSolution(テーブルソリューション)」を導入する飲食店であれば、初期費用や月額費用0円で利用できます※1。また、本サービスの導入店舗を利用するユーザーは、インターネット予約時にクレジットカード情報を登録するだけで※2、来店時に現金やクレジットカードを使用するこなく、席に座ったままサインレスで会計が可能となります。既存のスマホ決済で一般的な「QRコード決済」以外にも、SMSやEメールで通知を受け取りリンク先のページから決済を実行する「メール決済」を採用することで、専用アプリのダウンロードを不要とし、ユーザーの利便性をより一層高めました。

「TableCheck Pay」は2018年12月から三井住友カードのゴールド・プラチナ会員限定で利用可能でしたが、飲食店・来店客からのニーズの高まりにより、この度クレジットカードブランドの対応拡大を行いました。

テーブルチェックでは今後も飲食業界におけるキャッシュレス化やビッグデータ活用を推進し、飲食店とユーザーの利便性向上や業界のさらなる発展を目指します。

(※1)利用開始には加盟店審査が必要です。また別途、決済手数料3.19%(キャンペーン適用期間以外)と取引処理料5円/1取引が発生します。
(※2)予約時の事前登録以外にも、会計の際にクレジットカード情報を登録して決済を行うことも可能です。いずれの場合にも、「TableCheck マイアカウント」の発行が必須となります。

対応ブランド拡大記念キャンペーンについて※3

ユーザー向けキャンペーン

「手ぶらで会計 TableCheck Pay」

●キャンペーン名:TableCheck Pay対応カードブランド拡大記念「100人に1人お食事代キャッシュバック」
●特典:対象店舗でTableCheck Payを利用すると、抽選で100名様につき1名様にお食事代金をキャッシュバック※4(三井住友カード プラチナ・ゴールド会員様の場合は、当選確率が2倍となり50名様につき1名様キャッシュバック※4)
●対象:期間中にTableCheck Payでお支払いいただいたすべてのユーザー様※5
●期間:2019年4月22日(月)~2019年6月22日(土)のお支払い分​
●キャンペーンサイト:https://www.tablecheck.com/ja/lp/pay

飲食店・レストラン向けキャンペーン

「TableCheck Payなら、手数料も待ち時間もゼロ」

●キャンペーン名:TableCheck Pay対応カードブランド拡大記念「決済手数料無料」
●特典:期間中、TableCheck Payを導入いただいている飲食店様は売上決済の決済手数料(3.19%)を無料に※6
●対象:TableCheck Pay利用可能店舗全店
●期間:2019年4月16日(火)~2019年6月15日(土)までの決済売上分
●キャンペーンサイト:https://www.tablesolution.com/tc-pay/

(※3)本キャンペーンの内容は予告なく変更になる場合があります。
(※4)キャッシュバックの上限は当選者につき8万円(税込)までとなります。
(※5)当選の発表はキャッシュバックをもって代えさせていただきます。なお抽選結果に関するお問合せ等にはお答えいたしかねます。
(※6)TableCheck Pay以外のすべての売上決済分が特典の対象となります。なお、特典の付与は、期日までに当該期間中の振込明細書をご提出いただいた場合に限ります。提出方法はキャンペーンサイトをご覧ください。なお、別途決済処理手数料5円/回が発生します。

18カ国語対応のクラウド型レストランマネジメントシステム「TableSolution」について

「TableSolution」はレストランの予約・顧客管理や、消費者向けネット予約サイト「TableCheck」・飲食店・レストラン特化型スマホ決済サービス「TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)」が利用できるクラウド型のレストランマネジメントシステムです。飲食店の集客から予約・顧客対応、決済までを一気通貫して管理できます。利用継続率は99.68%※7で、日本を含む18カ国に展開しており、オウンドメディアとネット予約の最大活用による『予約のオートメーション化』を実現しています。送客手数料0円のネット予約、ネット予約上での系列店への自動誘導機能(系列サジェスト)、クレジットカード機能(無断キャンセル抑止など)、多言語対応(18カ国語)、電話連動(CTI)機能、電話自動応答機能(特許取得済)、POS データ連携など、業界初となる様々な機能を実装しており、店舗ごとの要望に寄り添う柔軟な設定が可能です。オールデバイス(パソコン、タブレット、スマートフォン)・18カ国語対応です。
(※7)月々の契約店舗数から「閉店」と「休止」と「新店舗(オープン前)」以外の解約店舗数を除いた2018年10月~2019年3月の平均値

株式会社TableCheckについて

「最高のレストラン体験を実現する」ことをミッションに事業を展開するレストランテックカンパニーです。世界中の飲食店と消費者を繋ぐプラットフォームを創造し、テクノロジーを活用した次世代の「おもてなし」を実現します。社内公用語は英語、世界各国から優秀なメンバーが集まり(2019年4月15日現在14カ国籍)、業界のイノベーターとしてマーケットをリードしています。世界中に展開する大手グローバルホテルチェーンや星付きレストランを筆頭に、厳しい水準と高い信頼性を求める一流のレストラン・飲食企業を取引先として抱え、日本国内にとどまらない事業展開を実現しています。

会社概要

会社名:株式会社TableCheck
代表者名:代表取締役社長 谷口 優
所在地:東京都中央区銀座2-14-5 第27中央ビル6F
設立年月:2011年3月
資本金:4億7,155万8,110円(資本金・資本準備金含む)
事業内容:クラウド型レストランマネジメントシステム「TableSolution」、飲食店ネット予約「TableCheck」の開発・提供
支社:5拠点(大阪、福岡、韓国、シンガポール、インドネシア)
https://corp.tablecheck.com/ 

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。