JAF、ソフトバンクの駐車場シェアサービス「BLUU」利用料金が会員限定で3%オフに

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)がソフトバンクと連携し、ソフトバンクのパーキングシェアリングサービス「BLUU Smart Parking」のJAF会員向け優待サービスを本日4月23日(火)から提供開始します。

ソフトバンクのパーキングシェアがJAF会員限定で3%オフに

「BLUU Smart Parking」は、ソフトバンクのIoTプラットフォームと車両の入出庫を感知できるカメラセンサーを組み合わせ、個人や企業が保有する駐車場や遊休地を有効活用できるシェアリングサービスです。
1日貸切の「1日予約」、1分単位の「時間予約」、予約なしですぐに使える「即時利用」の3つの駐車場タイプが用意されており、ドライバーは専用アプリから利用したいタイプを選択するだけで簡単に駐車場の予約が可能です。

JAFが今回発表した「BLUU Smart Parking」のJAF会員向け優待サービスは、駐車料金が通常価格より3%オフとなるお得な優待となっています。
「JAFナビ」から「BLUU Smart Parking」の優待クーポンを取得し、予約時に「BLUU Smart Parking」のアプリにクーポンコードを入力することで3%オフが適用されます。

関連記事


ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。