キャッシュレス無人コンビニ「600」とダイドーが提携 自販機とセット導入で100本無料プレゼント

キャッシュレス無人コンビニ「600(ろっぴゃく)」を提供する600株式会社が、ダイドーグループホールディングスから約3億円の資金調達を実施し、子会社のダイドードリンコと提携したことが発表されました。

「600」とダイドーの自販機をセット導入で飲料100本無料プレゼント


「600」は東京23区内のオフィス向けに提供されている、クレジットカード決済が可能な無人コンビニです。企業に応じて品揃えがカスタマイズ可能であり、「Slack」や「LINE」といったチャットツールからの商品リクエストに対応しています。
オフィスのエレベーターや昼休みのコンビニなどで発生する混雑の解消・業務時間の効率化が図れるため、社員数20名〜50名のスタートアップ企業から「LINE」や「KDDI」といった社員数1,000名以上の企業など、多くの企業で「600」が採用されています。

600はダイドーグループとの提携により、ダイドードリンコとの営業協力や新サービス開発等をはじめとする業務提携によって短中期的なサービス成長を加速させていくとのことです。物流などのさまざまな知見を有するダイドーグループが資本参加することで、中長期的な成長を実現する体制の構築を目指すとしています。

現在「600」では「福利厚生充実キャンペーン」を実施中。「600」とダイドードリンコの自動販売機をセットで導入すると、ダイドードリンコの対象の飲料が無料で100本プレゼントされます。

関連記事

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。