オーストラリアに世界初の「仮想通貨」で店舗決済可能な空港が誕生!

オーストラリアのクイーンズランド州の都市ブリズベン。地元のメディアによると、ブリズベン空港(BNE)内のショップで仮想通貨決済が可能となったと発表されました。
空港の店舗での仮想通貨決済は世界初とのことです。

世界初、空港で仮想通貨の決済を開始

決済方法として仮想通貨を利用する人が急増している流れを受け、ブリズベン空港ではターミナル内の店舗やコーヒーショップ、レストランで仮想通貨決済を導入。対応通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ダッシュ(DASH)の3種類です。
戦略企画開発部のRoel Hellemons氏は「多くの人が海外旅行を楽しみ、また多くの人が仮想通貨への投資をおこなっています。そのため、空港での決済に仮想通貨が利用できるということは理にかなっています」と話します。旅行者が仮想通貨で決済できるようにするため、空港はTravelbyBitと提携する予定です。

オーストラリアは仮想通貨に対して意欲的?

仮想通貨に対して否定的な国や政策が増えるなか、このことからもわかるようにオーストラリアは仮想通貨に意欲的な姿勢をみせています。また、空港で仮想通貨を利用することは、国の法定通貨に変換することなく支払いができるという仮想通貨の強みも強調されることとなりそうです。ブリズベン空港が仮想通貨決済に対応することで、観光客も増えるかもしれません。


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信