BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

イギリスの有名アートギャラリーが仮想通貨決済のみの美術展を開催

イギリスにあるアートギャラリーDadiani Fine Artが、仮想通貨決済のみで作品販売をする美術展を開催します。

Dadiani Fine Artってどんな美術館?

Dadiani Fine Artはイギリス・ロンドンのメイフェア地区にあるアートギャラリー。1月26日から3月20日の日程で開催される美術展「PAUL WAGER: REQUIEM FOR THE EMBLEM OF POWER」の作品販売において、仮想通貨決済のみの対応とすることを発表しました。
2017年には美術品の支払いを初めて仮想通貨で受け付けたことでも話題となったDadiani Fine Art。「仮想通貨はエリート主義の中央集権的な美術市場から、より多くの人々が参加できる分散型オープンソースの世界への橋渡し的な役割をします。アートギャラリーなどの伝統的なビジネスが仮想通貨の浸透に真剣に取り組むことで、この瞬間がものごとが変わっていく大きな転換点になるでしょう。」
オーナーのEleesa Dadianiさんはその際、こう話していました。

対応する仮想通貨は?

「PAUL WAGER: REQUIEM FOR THE EMBLEM OF POWER」ではビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュなど幅広い仮想通貨での決済に対応しています。仮想通貨決済を導入したというニュースは数あれど、これほど本格的に仮想通貨決済を導入するケースはあまり多くはありません。本来であれば金融や経済とは対極にあるであろうアートの分野。オーナーのEleesa Dadianiさんが話すとおり、とても印象的な取り組みとなりそうです。

Dadiani Fine Art
HP:https://dadianifineart.com/
Facebook:https://www.facebook.com/dadianifineart/
Twitter:https://twitter.com/dadianifineart
Instagram:https://www.instagram.com/dadianifineart/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP