ニュースまとめ

電気支払いでビットコインが貯まる・使える「Coincheckでんき」、契約容量とエリア拡大

仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)が展開する電力サービス「Coincheckでんき」が本日5月15日(水)、対象となる契約容量および対象エリアの拡大を発表しました。

ビットコインが電気料金の支払いで貯まる・使える

「Coincheckでんき」では、電気料金の支払いでビットコイン(Bitcoin/BTC)が貯まるほか、電気料金のビットコイン決済ができるようになっています。

5月15日(水)から東北・東京・中部・九州の電力圏において、契約容量30Aからの利用に対応。消費電力が少ない単身世帯でも使いやすくなりました。
さらに北陸・四国でも「Coincheckでんき」が利用できるようになりました。これにより沖縄電力圏・離島を除くエリアが対象となります。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!