BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

600以上の仮想通貨をランク付けしたCryptoMisoをGitHubが提供

ソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービスとして有名なGitHub。600以上もの仮想通貨をランク付けしたサイトCryptoMisoを公開しています。

さまざまなデータから611もの通貨を評価するCryptoMiso

CryptoMisoは、611種もの仮想通貨のチャートの履歴やコードの更新頻度などの記録からトップ10の通貨を表示しています。51の寄稿者と6,000を超えるコミットが寄せられているカルダノ(Cardano/ADA)をトップとし、リスク(Lisk/LSK)、ウェーブス(Waves)、ゼロエックス(0x/ZRX)・・・と続いています。
Githubのコミット頻度は、コアコードが維持されていることを表していますが、これらの更新の品質を保証するものではありません。たとえば、マイナーなバグ修正はライトニングネットワークサポートの追加と同様に評価されます。そのため、Cryptomisoは仮想通貨の開発者をサポートするための幅広い指標として便利なツールとされています。

時価総額の高さ=上位ランクではない

いくつものデータをもとにはじき出されるCryptoMisoのランキング。リストの上位にある通貨は比較的安全なものとして考えていいかもしれませんが、下位の方にある通貨は取引に注意が必要です。そして、よく知られている通貨が必ずしも上位にランクインしているともいえません。例えば567位のレッドパスル( Red Pulse/RPX)は10月にしか発売されず、それ以来Githubのコミットが1つしか見られません。
ちなみに、時価総額の上位にいる仮想通貨のランキングを以下に表しました。

・ビットコイン(Bitcoin/BTC) :7位
・イーサリアム(Ethereum/ETC):41位
・リップル(Ripple/XRP):104位
・ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH):94位
・カルダノ(Cardano/ADA):1位
・ステラ(Stellar/XLM):71位
・ネオ(Neo):162位
・ライトコイン(Litecoin/LTC):27位
・イオス(EOS):5位
・ネム(NEM/XEM):238位

米格付け機関Weissに続き、新たな指標に

先日世界で注目を集めたアメリカの格付け機関Weiss Ratings社が発表した結果に続き、仮想通貨取引をおこなう投資家にとって、CryptoMisoのランキングも新たな指標として役に立ちそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial