JR西日本、天王寺ミオなど28施設にコード・電子マネー決済導入へ PayPay、楽天Edyなど16種類

JR西日本の連結子会社13社が運営する天王寺ミオ、和歌山ミオなどショッピングセンター28施設内の約3,000店舗が、スマホ決済サービスと電子マネー合わせて16種類を導入することが発表されました。

2020年2月までに全28施設へ導入

5月21日(火)より天王寺ミオ・和歌山ミオでスマホ決済サービス・電子マネーが利用できるようになり、6月にはアルビ大阪、アルビ住道、エスト、アルデ新大阪でも順次導入されます。また、2020年2月までに全28施設へ導入されるとのことです。

今回導入が発表された決済手段は以下の通りです。

スマホ決済

PayPay
LINE Pay
Origami Pay
楽天ペイ
d払い
au PAY
メルペイ
Alipay
WeChat Pay

電子マネー

・交通系電子マネー(ICOCAなど)
・PiTaPa
nanaco
楽天Edy
WAON
・QUICPay
iD

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。