送金アプリpring、送金総額が30億円突破

メタップス傘下のpringが提供するスマホ送金アプリ「pring(プリン)」の送金累計額が30億円を突破したことが発表されました。

2ヶ月で送金累計額が15億円増加

pringはアプリリリースから1年2ヶ月で送金累計額が30億円を突破しました。2019年3月時点では15億円でしたが、2ヶ月で15億円増加したとのことです。

pringは5月28日(火)までキャンペーン「10万円山分け!送金チャレンジ」を実施中です。
キャンペーン期間中にpringで送金を行うと、送金をしたユーザー全員で10万円が山分けされます。山分け金額が100円を下回った場合、最低保証額として100円が必ずプレゼントされるとのことです。キャンペーンは送金が成立した時点で自動的にエントリーされます。

「10万円山分け!送金チャレンジ」エントリー方法

1.プリンアプリをダウンロードし、銀行口座を登録、または郵送での本人確認を行う。
2.アプリトップ画面から「お金をおくる」を選択。まだつながりがいない方は、「+」を押して、プリンID、または電話番号でつながりを追加。
3.やりとり画面右下の「お金をおくる」をタップし、金額を入力。

Pringはこちら

お得な情報
 

日本のどこかで毎月お得になる!
PayPayのダウンロードはこちら

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。